時給を高くする

家庭教師は大学生が行っていることも多いでしょう。日本の大学生は、奨学金で入学できる制度があるものの、就職後には利子を付けて返済しなければいけないという過酷な条件付きになっているので、できれば利用したくないという人も多いのです。奨学金を利用しない場合には学費を稼ぐ必要があるので、できれば時給の高い仕事をしなければいけなくなるでしょう。その1つが家庭教師です。

家庭教師も登録先によって時給が大きく異なってくるのですが、同じ職場であっても、人によって時給が異なる場合があります。では、どのようにすれば時給を高くしてもらえるのでしょうか。まずは元々時給の高い職場を選ぶことが重要です。後は経験がどれぐらいあるのか、どのような学部なのかが影響してきます。現在では学歴よりも経験がものをいう時代なので、経験がある方が時給が高い傾向にあるでしょう。

しかし、大学生の場合にはそれほど経験があるという人はいません。そこでどのような学部に所属しているのかが重要です。時給を優遇してくれる学部というのは、教員を目指す教育学部や、医師など医療関係を目指している医学部などが当てはまります。また、何か資格を持っていることでも時給を上げることができるでしょう。

時給の高さで選ぶ

家庭教師の仕事を行う場合には、まず仕事先を探す必要があります。仕事先の探し方にはいろいろと存在しているのですが、家庭教師の一括登録サイトで複数の家庭教師センターに登録をしてもよいでしょう。ただし、どのようなところに登録されて、どのような待遇になっているのかという点についてはきちんと確認しておかないといけません。やはり家庭教師とは言っても仕事です。

仕事である以上は、やはり時給がいくらになっているのかという点はとても重要でしょう。もちろん勤務時間やその他の待遇についてもきちんと確認しておかないといけません。家庭教師は誰でも簡単にできる仕事ではないので、他のアルバイトよりも時給が高く設定されているのが一般的です。それでも仕事先によって時給というのは異なっているので、あらかじめ確認しておく必要があるのです。

では、どれぐらいが平均的な時給になっているのかというと、大体1500円から2500円ぐらいが平均的だと言えるでしょう。もちろんもっと安くなってしまう場合もありますし、もっと高い場合もあります。ちなみ、家庭教師バイト情報掲載『エントリ!』では、地域によりますが120分で最大5000円(小・中学生4000円)の指導料を手渡しで頂けます。こちらも参考にしてみてください。しかし、登録をする場合であっても、登録する雇用先の情報をきちんと確認し、比較をしてから決めないといけません。そうすることで条件がよいのか悪いのかが分かるようになります。

家庭教師の仕事

家庭教師として仕事をしたいという人も多いでしょうが、主な働き方としては、正規の職員として勤務する方法もありますし、アルバイトとして働く方法があります。家庭教師はどちらかというとアルバイトが多くなっているでしょう。アルバイトとして働く方法も1つだけではありません。中には家庭教師センターと呼ばれているところに登録をして、仕事を回してもらうという方法も行われているのです。このような方法を登録制と呼んでいます。

登録制の場合には、先ほども少し触れた家庭教師センターというところに登録をしていくのですが、1つだけではなくたくさん存在しています。そのため、1つずつ登録をしているようでは時間がかかってしまいますし、あまりよくないところに登録をしてしまう可能性もあるでしょう。このようなことがないようにするには、事前に情報収集を行う必要もあるのですが、中には一括で複数の家庭教師センターに登録をすることができるサイトも存在しているのです。

なぜ複数登録する必要があるのかというと、1つだけでは仕事が回ってこない可能性が高くなっているからです。複数登録するのはいけないのではないのかと思う人もいるでしょうが、基本的には登録制であってもアルバイトなので、複数登録を行ったとしても全く問題はありません。ようするにアルバイトを掛け持ちしているのと同じなので、複数登録しておいた方がよいでしょう。当サイトでは家庭教師としての働き方や、より高い時給で働くための方法について情報提供させていただいています。